hspの私が不安なく安心して快適に生きられている理由

私はアスペルガーでhspという、その特性としては相反するものを持ち合わせていました。

人に興味がない、自分の話したいことだけを話す、、というようなアスペルガーの特性が強く出ているときは、人の反応が気になる、周りが気になって仕方がない、、というhspの特性は出てきません。

でもhspの特性が全く出ないわけではなく、子供のころから一人で行動するのが不安で怖くていつもお母さんについてきてもらっていたり、味に超敏感だったり、濡れた床や砂浜を歩くことや口の周りに何か付くことに異常な嫌悪感をもっていたり、ぼーっとしていることが多かったり、、とその特性も現れていました。


大人になり社会生活をおくる中でアスペルガーの特性が和らいでいき、
自分でもできないことを努力してできるようになったことで、どんどんアスペルガーの特性が無くなっていき、そうするとhspの特性が顕著に現れるようになりました。


そしてちょうど幸せの法則®の内容をまとめている時、幸せの法則®を実践していけば
hspの生きづらさから解放されることに気づきました。

幸せの法則®はマインドフルネスになっていくものなのですが、
そのマインドフルネスとhspには互換性がある。。と宇宙からも教えられました。

マインドフルネスとは、瞑想することでも、単に自分に意識を向けることではありません。
自分の全意識がいつでも完全に今ココにある状態を言います。

この幸せの法則®は実践していくと、そのマインドフルネスに到達するようになっています。
瞑想せずにマインドフルネスを実現できるプログラムです。


実際、私自身が幸せの法則®を実践することでマインドフルネスに到達し、hspの生きづらさから解放され、今では、ガラスのハートだった私の心は、強化ガラスへ、さらに防弾ガラスぐらい強くなりました(≧▽≦)

ミサイルが撃ち込まれる級の出来事が起きても傷つきません(≧▽≦)(これも最近実証済みです。超プライベートな話なので知りたい方は講座とかコンサル内で聞いてね(*ノωノ))

以前はちょっとしたことでも深く深く傷つき、多くのトラウマを抱えていたために妄想性パーソナリティ障害や強迫観念、境界性パーソナリティ障害などの精神疾患がいくつもありましたが、
今ではそれらの精神疾患も解消し、トラウマになることもなくなりました。

周りが気になるとか、人の言動を気にしてしまうとか、いつも不安と隣り合わせとか、、
そういった生きづらさも今では全くありません。


でも、hspだからこその感覚の鋭さは残っていますので、人の変化には敏感に気が付きます。
ただそこに左右されない、自分のせいじゃないか??などとは決して考えなくなりました。


あなたの人生を輝かせる
才能開花コンサルタント なかたみか


hspの生きづらさから解放されいつでも安心して生きられるようになる方法がわかる
幸せの法則®基本講座4月スタートクラス受講生募集中です♪♪


体験クラスは毎月開催している才能開花サロンをご利用ください♪
私がどんな人物なのか♡宇宙からメッセージを受け取るってどんな感じなのか♡
お気軽にご参加いただき”体験”を楽しんでもらえたら嬉しいです(*^^*)
お申し込みは写真をクリック♪♪


才能開花サロン2月開催時の様子です♪
仕事の能率が悪くなり原因は何か、どうしたら良いか不安で、、
個性が強い息子さんの行動が心配、、
母親としての成長の課題をクリアできているかの確認、、
などなど皆さんそれぞれの理由でご参加くださいました(*^^*)

Processed with MOLDIV


コメント

タイトルとURLをコピーしました