「聞き分けの良い子」からの脱皮

私は聞き分けの良い子でした。
わがまま言ったことなかったし、甘えることも知らずに育ちました。

母はいつも「うちの子は聞き分けが良いのよ~♪♪」と周りの人に自慢気に話していました。

身近にいたある幼馴染の一人がすごくわがままな子で、
母はいつも私に、「あれは親が甘やかして育てたから悪いのよ。あんなわがままになってはダメよ。」と言っていました。

だから私は無意識に聞き分けの良い子でいなくちゃ、、わがままなんて言ってはダメ、、と思っていたんです。


他にも、、
子供の頃から母に何か聞かれると「ママが良かったら良いよ」と答えていました。
今思えば私はhscだったので、自分のことより人のことの方が気になっていたからそう言っていたんだと思います。

母はそれがいたく嬉しかったようで、そのことも周りの人に自慢していました。
「うちの子は優しいから、なんでもママが良かったら良いよ、、って言ってくれるのよ~」って。


そうして、私はどんどん自己主張できない子になっていきました。


そしてそのまま大人になって、、

どんなことも理解しよう、、理解しなきゃ、、とずーっと自分の本当の気持ちを抑えて
自分に無理をさせてきていました。

私はこうしたい、、私はこうしてほしい、、私はそれは嫌だ、、そういう気持ちを押さえつけれているので、言葉にして伝えることが困難になり、いつもそれが怒りになって現れていました。

これが私の自己開示ができないコミュニケーション障害です。


そのことに学びを通して気づき、自分の本心に気づき、それを認めてあげられるようになりました。
聞き分けの良い子でいなくて良い、、自分の気持ちを素直に言って良い、、どんな私でも良い、、

そうしたら、自己主張できるようになり、わがままが言えるようになったり、甘えられるようにもなりました。

少しずつですが素直に自分の気持ちを言葉で表すことができるようになったんです。


いつも自分に無理をさせていたわけですから私頑張っていたんですね。
そのことにも気づいて、自分を褒めてあげて、ありがとう、、て言いました。


人間は自分を愛せるようになって初めて誰かを心から愛せるようになります。
心から愛が溢れてきます。
まるで穴を塞いでいたものが取り除かれて一気にあふれ出てくるように。。。



思考と心のプロ
才能開花コンサルタント なかたみか



自分を否定してしまう、なかなか認めてあげられない、もっと自由に生きられるようになりたい、、
そういう方の最初の一歩となるのが幸せの法則®セルフコンパッションです。
マンツーマンで行っていきますのでご都合良い日時でご予約承ります。
詳細は写真をクリック☆


その他の講座・コンサルなどはスケジュールをご確認ください。





コメント

タイトルとURLをコピーしました